綺麗に仕上げるポイント

2017年1月5日 / 未分類

車のガラスは購入当時は何かしらのコーティング剤が塗布されていることが多く、使い始めのころはガラスクリーナーなどによってつけられたコーティングによって汚れや水が弾かれて常に綺麗な状態にすることが出来ます。しかし長い間使い続けるうちにコーティングは劣化して剥がれ落ちてしまうので、そうするとほこりなどの汚れは簡単にガラスに蓄積するようになりますし、ウォッシャー液では取れないような水アカが付くようになったりワックスなどが流れ落ちて油脂汚れを作るようにもなるので、そうした状況を避けるためにも定期的にガラス専用クリーナーを利用してガラスをきれいにして傷などから身を守らせる必要があります。その際使い方を間違えると逆にガラスを汚すなどのトラブルを起こしてしまうのでご注意ください。

 

 
自動車専用のガラスクリーナーは正しい使い方を遵守すれば非常に綺麗な仕上がりになりますが、間違った使い方をすることで塗りムラを造ってしまったり傷をつけてしまうこともあるので、正しい使い方でクリーニングするようにすることが大切です。損と雨には製品に記載されている注意書きをよく読むことが大切なので、何となくで使うようなことが無いように気をつけてください。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る