正しい使い方で作業する

2017年1月5日 / 未分類

外装の汚れは放置していると見た目が悪くなりますし、少しずつ自動車の性能にも影響を与えます。エンジン部にほこりなどが進入してパーツの劣化が進行しやすくなりますし、視界不良によって事故がおきやすくなります。視界不良を解消するためにはガラスやミラーなどをきれいにしなければなりませんが、水洗いやウォッシャー液程度ではどうにもなら無い位に頑固な汚れも付くこともあるので、窓を綺麗にしたいときは専用のガラスクリーナーなどを使用して新品同様の美しさを手に入れることが出来るようにするくらいに手の込んだクリーニングを定期的に行うようにしてください。

 

 
自動車専用のガラスクリーナーの効果を最大限発揮させるためにはガラスクリーナーを使用する前にボディーを綺麗にすることが肝心です。ボディーが汚いままだと作業中にガラスに汚れが付いてしまったりして塗り斑などの原因になったり、小さな傷をつける原因になったりする可能性があるので、そうした問題を予め避けるためにもガラスクリーナーを使用する際はガラスはもちろん他の部位を綺麗にした後に行うようにしたほうが良いでしょう。それ以外にも注意すべきポイントは色々あるのでガラスクリーナーを利用する際は前もってそういった注意点もチェックすると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る